CHECK

親しい身内だけでお別れするには?納得の家族葬をするための基礎知識を解説

家族葬とは主に家族だけによるお葬式です。
礼儀上の出席を求めないので、生前に仕事などで故人とつながりがあった人が参加することはありません。
ただし、友人のような親しい人が参加することはあります。
この方式の一番のメリットはお金を節約できることです。
地域によって異なりますが、30万円以下で行うこともできます。
このタイプの葬儀を引き受けてくれるところを探さなければなりませんが、最近増えているので見つけやすいです。

親しい身内だけでお別れするには?納得の家族葬をするための基礎知識を解説

家族葬について解説するときの一番のポイントは、葬儀の規模です。
家族葬には原則として一親等の人しか参加しません。
だから10人以下の葬儀になることが多く、それよりも少ないこともあります。
個人と特別親しかった人は参加を認められることがありますが、それはケースバイケースになります。
もう一つのポイントは費用です。
参加する人が少ないのでそれは少なくなります。
地域によって異なっていますが、30万円以下で行うことができます。

家族葬の特徴と近年増えている理由

家族葬は、何人の弔問客が参列するかわからない一般装にとは大きく異なり、遺族が弔問客の参列数を予め決めておくのが1番の特徴です。
一般的な葬儀は、故人の人間関係の広さによって30人から100人程度とされていますが、家族葬は遺族に親族や極限られた知人など3人から10人程度と規模が小さいのも特徴です。
家族葬は、バブル経済の破綻以降凋落を続ける日本経済の不況に合わせて誕生した経済的負担が少ない葬儀であり、遺族が故人を本当の意味で偲ぶ密葬に近い葬儀形式です。
来る人を全て受け入れる一般葬とは異なり、遺族が弔問を望んだ人だけが参列できる葬儀形式です。
遺族は、参列者が数名と非常に少なくないので参列者に無駄な時間を割かれることなく精神的にも身体的にも負担が少なく、僅かに残された故人との大切な時間を有意義に過ごす事ができます。
家族葬は、経済的にも精神的にも身体的にも全ての面で遺族に対して優しく、従来の葬式仏教の慣習にとらわれない自由な葬儀が可能です。

家族葬の参列者の平均的な人数とは

日本ではここ数年で伝統的な文化や習慣、習わしが大きく様変わりしました。
特に冠婚葬祭に関してはその変化は甚だしいと言わざるを得ません。
結婚などはかつては盛大に、多くの人を招いて行うのが良いとされていたのです。
そのため両親や本人が結婚式をたくさん貯えるということが頻繁に見られました。
だが昨今は、できるだけ節約志向でコンパクトにをモットーとしたスマート婚がブームです。
これは結婚に限ったことではなく、葬儀にも同様のことが見られるのです。
家族葬と言ってごく限られた身内だけで少人数で葬式を行うのがトレンドです。
家族葬の参列者の平均的人数は10名程度であり、両親に兄弟、いとこに叔父叔母程度なのです。
こうした親族だけの葬儀であると、第三者に気兼ねすることなくありのまま悲しんだり、泣き叫んだり、故人に語り掛けることもできます。
むしろアットホームで心温まる葬式になったと喜ぶ家族が多いのも事実なのです。
また直葬なども人気になりつつあります。

家族葬の平均的な費用と増減のポイント

家族葬の費用は、規模や依頼先にもよりますが50万円前後で行われるケースが多いです。
もちろん、それより安くできる場合もありますし高くなることもあります。
あくまで平均的な価格ですが、金額が変わりやすいのが戒名や位牌や棺などです。
戒名は数十万円かかることもありますが、最近は不要という家庭も増えてきていますし有名人などでも付けられないケースがあります。
棺や位牌などは、ランクがありますのでランクが高ければ価格が高くなりますしそうでなければカットすることが可能です。
家族葬では、一般的には金額はなるべく安くという場合が多いですし見栄を張る必要もないのが通常です。
そのため、兵十的な仕様ですべて行われることが多いですが、予算が限られていればその分かっとしなくてはならないものも出てきます。
削りやすいのは、ランクを下げられるものになりますが少しの値引きができる葬儀社もあります。
まずは、予算を伝えて相談してみるとよいでしょう。

家族葬でおこなわれている宗教儀式

家族葬は、葬式仏教の宗教儀式に従って行われる事が一般的であり、一般的な葬儀と通夜から告別式及び埋葬の流れに大きな違いはありません。
しかし、家族葬は、社葬やお別れ会など大規模な葬儀に先立って執り行われる密葬に近い葬儀形態であり、遺族と親族や親しい知人など極限られた人間だけで執り行われるので仏教の慣習に従う必要がなく自由です。
一般的な仏教の葬儀では、故人の信じていた宗派の僧侶による読経が通夜と告別式に行われていましたが、無宗教で無くても僧侶の読経を排除する遺族や故人が少なからず存在しています。
無宗教葬とも呼ばれる宗教的な儀式を行わない自由葬の比率が増加しており、特定の宗教で葬儀を実施する固定観念が薄れているのが現状です。
日本は、宗教および公共生活に関する国際ピューリサーチセンターフォーラムの調査によると民主主義国家で唯一無宗教者が大半を占める国とされ、宗教儀礼を行わない家族葬が受け入れられているのは無宗教国家という背景のせいかもしれません。

家族葬に関する情報サイト
家族葬って何?

家族葬とは主に家族だけによるお葬式です。
礼儀上の出席を求めないので、生前に仕事などで故人とつながりがあった人が参加することはありません。
ただし、友人のような親しい人が参加することはあります。
この方式の一番のメリットはお金を節約できることです。
地域によって異なりますが、30万円以下で行うこともできます。
このタイプの葬儀を引き受けてくれるところを探さなければなりませんが、最近増えているので見つけやすいです。

Search